Synologyがエントリー向けNASキットの新モデル「DiskStation DS220j」を発売、CPUがクアッドコアにパワーアップ

公開日:2020/3/16
Synologyがエントリー向けNASキットの新モデル「DiskStation DS220j」を発売

 2020年 3月12日、SynologyはNASキットの新モデル「DiskStation DS220j」を発表した。HDD2台用のエントリー向けモデルだ。国内でも同日より発売している。実勢価格は税込みで2万1000円。

 DiskStation DS220jはエントリー向けのNAS(Network Attached Storage)キット。PCに直接つなぐのではなく、LANを通じてアクセスする外付けストレージだ。ドライブは付属しておらず、別途用意して組み立てる必要がある。

DiskStation DS220j 正面
DiskStation DS220j 裏面

 3.5インチベイを2個備え、RAID 0、RAID 1、JBOD、独自方式のSynology Hybrid RAIDが利用できる。ドライブ用のインターフェースはSerial ATA。各ベイは最大16TBの容量に対応し、最大読み書き速度は112MB/s。背面にUSB 3.0端子を2個備えている。LAN端子はGigabit Ethernet対応のRJ-45だ。

 ウェブブラウザー上で操作できる独自OS「DiskStation Manager (DSM)」にアプリを追加することで、NASに保存した動画や写真の閲覧などができるようになる。外部接続サービスの「QuickConnect」を利用すれば、DiskStation DS220jに家の外からアクセスすることも可能だ。

 前モデルの「DiskStation DS218j」から大きく変わった点はCPUが「Marvell Armada 385 88F6820(1.3GHz、デュアルコア)」から「Realtek RTD1296(1.4GHz、クアッドコア)」になったこと。ストレージの最大読み書き速度は大きく変わっていないが、アプリの動作などがより快適になると期待できる。

 外形寸法は幅100×奥行き225.5×高さ165mm。重量は880g(ドライブを除く)。消費電力はアイドル時に5.06W、負荷時に12.46W。保証期間は2年。

ドスパラサイトで詳細をチェック
Reported by 宮川泰明(SPOOL)

その他新着情報はこちら!

ドスパラの○○ 記事一覧

ドスパラの○○ 新着記事