アイ・オー・データ機器が名刺サイズの外付けSSD「SSPG-USCB」を発表、USB 3.1 Gen 2対応で最大2TB

更新日:2020/3/12
アイ・オー・データ機器が名刺サイズの外付けSSD「SSPG-USCB」を発表、USB 3.1 Gen 2対応で最大2TB

 2020年3月11日、アイ・オー・データ機器はUSB 3.1 Gen 2接続の外付けSSD「SSPG-USCB」シリーズを発表した。小型で読み書きが高速な点が売りだ。

 SSPG-USCBシリーズは小型の外付けSSD。特徴は外形寸法が幅58×奥行き88×高さ13mmと小さいこと。外装にシリコンラバー素材を採用しており、衝撃に強いという。USB Type-C端子を備え、USB 3.1 Gen 2に対応する。容量は500GB、1TB、2TBの3種類。最大読み書き速度はいずれも同じで、読み出しが500MB/s、書き込みが450MB/sとなる。

アイ・オー・データ機器はUSB 3.1 Gen 2接続の外付けSSD「SSPG-USCB」シリーズを発表

買い替え時期の目安を確認できる独自のWindows用アプリ「診断ミレル」をダウンロードして利用可能。そのほか、バックアップソフトの「Sync Connect」や、MacでNTFSフォーマットの本製品を読み書きできるようにする「NTFS-3G for Mac I-O DATA」などのアプリも提供している

買い替え時期の目安を確認できる独自のWindows用アプリ「診断ミレル」が利用可能。

 USBケーブルは両端がUSB Type-Cのものと片方がUSB Type-Aのものが付属する。いずれも長さは30cm。希望小売価格は500GBモデルが1万3300円、1TBモデルが2万3400円、2TBモデルが4万3500円。発売は4月中旬予定となっている。

Reported by 宮川泰明(SPOOL)

その他新着情報はこちら!


ドスパラの○○ 記事一覧

ドスパラの○○ 新着記事

ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介