Fractal Designから水冷CPUクーラーの新モデル「Celsius+」シリーズが登場、RGB LEDを搭載

公開日:2020/4/10
Fractal Designから水冷CPUクーラーの新モデル「Celsius+」シリーズが登場、RGB LEDを搭載

 2020年4月9日、アスクはFractal Designの一体型水冷CPUクーラー「Celsius+」シリーズを発表した。発売は4月17日。

定期的なメンテナンスも不要な一体型水冷クーラー

 Celsius+シリーズは組み立て済みで定期的なメンテナンスも不要な一体型水冷クーラー。ヘッド部にアドレサブルRGB LEDを搭載し、専用ソフトで色や発光パターンを設定できる。付属ファンとラジエーターのサイズで6種類のラインアップがある。

 付属ファンはLEDのない「Dynamic X2 PWMファン」とアドレサブルRGB LED搭載の「Prisma PWMファン」の2種類。それぞれ「Celsius+ Dynamic」シリーズ、「Celsius+ Prisma」シリーズというシリーズ名となる。ラジエーターのサイズはいずれも24cm、28cm、36cmのバリエーションを備えており、モデル名に「S24」「S28」「S36」という文言が入る。24cmモデルは12ファンが2個、28cmモデルは14cmファンが2個、36cmモデルは12cmファンが3個付属する。

 従来モデルからヘッド部のポンプや水枕部分の設計を一新しているという。同社の一体型水冷クーラーの特徴だった、ヘッド部を回すことでファンの動作モードを切り替えられる機能は継承している。ラジエーターにファン用のハブを備えており、配線をまとめやすいのも特徴だ。

 その他の主な仕様と予想価格は以下の通り(アスクの製品ページより)。 

・製品概要
・予想価格(税抜き)
Celsius+ S24 Dynamic 2万2000円
Celsius+ S28 Dynamic 2万4750円
Celsius+ S36 Dynamic 2万7500円
Celsius+ S24 Prisma 2万4750円
Celsius+ S28 Prisma 2万7500円
Celsius+ S36 Prisma 3万1900円
ドスパラサイトで水冷パーツをチェック!


その他新着情報はこちら!

ドスパラの○○ 記事一覧

ドスパラの○○ 新着記事