PowerColorからショート基板採用のRadeon RX5600XTが登場、ボード長は175mm

公開日:2020/4/28

 2020年4月28日、アユートはTUL Corporationの「PowerColor」ブランドのグラフィックボード「RX5600XT ITX 6GB GDDR6」を発表した。発売日は5月1日。予想価格は税込みで約3万8000円。

 RX5600XT ITX 6GB GDDR6はAMD製のGPU「Radeon RX 5600 XT」を採用し、ボード長175mmと短いことが特徴のグラフィックボード。Mini-ITXのマザーボードの1辺が170mmのため、組み合わせやすいサイズ感と言える。

 同GPUを搭載したグラフィックボードとしては小型ながら、GPU本来の動作クロックから少しオーバークロックを施しているのも特徴だ。コアのブースト時の最大クロックは1.56GHzから1.62GHzに、ゲームプレイ時の期待値となる「Game Frequency」は1.375GHzから1.56GHzに引き上げている。メモリーはGDDR6を6GB搭載し、速度は14Gbpsだ。

 付属クーラーは直径6mmのヒートパイプを4本内蔵し、GPU温度が60度未満ではファンの回転を停止させる「ミュートファンテクノロジー」を採用している。取り付けには2スロット分のスペースが必要だ。

 外形寸法は長さ175×高さ110×厚さ40mm。映像出力端子はHDMI 2.0×1、DisplayPort 1.4×2。補助電源端子は8ピン×1。PCとの接続はPCI Express 4.0 x16となっている。

主な仕様

 製品型番  AXRX 5600XT ITX 6GBD6-2DH
 JAN  4713436172314
 GPU  AMD RADEON RX5600 XT
 グラフィックメモリー  6GB GDDR6
 ストリームプロセッサー  2304ユニット
 エンジンクロック  1560MHz(game)/1355MHz(base)
 ブーストクロック  1620MHz
 メモリークロック  14.0 Gbps
 メモリーインターフェイス  192bit
 バススタンダード  PCI-Express 4.0
 ディスプレイ・コネクター  HDMI 2.0×1 / DP 1.4×2
 フォームファクター  ITX
 クーラー  2 slot Fan sink
 補助電源コネクター  8-Pin×1
 CrossFireXテクノロジー  対応(DirectXR12/Vulkan)
 OpenGL  4.6
 DirectX サポート  12
 推奨PSU  500W
 製品寸法  175×110×40 mm
 保証期間  2年間

※製品の仕様・付属品は予告なく変更する場合があります。予めご了承下さい。

Reported by 宮川泰明(SPOOL)

ドスパラサイトでグラフィックボードをチェック!

その他新着情報はこちら!


ドスパラの○○ 新着記事

ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介