昇降機能付きのデスク型PCケースがLian Liから登場

公開日:2020/6/2

 2020年6月1日、ディラックはLian Li Industrialのデスク型PCケース「DK-04F」と「DK-05F」を発表した。同日より発売しており、実勢価格はそれぞれ税抜きで23万5000円と28万5000円。

 DK-04FとDK-05Fは内部にPCパーツを搭載できるPC用デスク。電動昇降機能を備えており、上に物を載せた状態で486mmの高さ調節ができる。最大で高さ1175mmまで調整できるため、スタンディングデスクとしての利用も可能だ。両モデルの違いはサイズで、それに伴って搭載可能なPCパーツの数や種類も異なっている。

 PCケースとしては、広いスペースを生かして高い拡張性を備えているのが特徴だ。マザーボードはExtended-ATXに対応し、DK-05FはPC2台分のパーツを収められる。

 

 搭載可能なグラフィックボードのサイズはDK-04Fが390mm、DK-05Fが400mmまで。電源ユニットの奥行きはDK-04Fが240mm、DK-05Fが230mmまで、CPUクーラーは両モデルとも高さ185mmまでと、パーツのサイズには事実上制限がないと言ってよいほど。ドライブベイはDK-04Fが3.5インチ×9(うち3は2.5インチと共用)、DK-05Fが2.5/3.5インチ共用×4を2セット(合計8台)となっている。

 机の表面となる上面パネルには厚さ8mmの調光ガラスを採用し、ボタン操作で透明と不透明を切り替えられる。アドレサブルRGB LEDを搭載したパーツでイルミネーションを作って楽しむことも、実用的なデスクとして利用することも可能だ。

 その他の仕様は下記の通り。ファンを多く搭載できるため、水冷用のラジエーターもその分大きな製品を利用できる。

Reported by 宮川泰明(SPOOL)
ドスパラサイトでPCケースをチェック!

その他新着情報はこちら!


ドスパラの○○ 新着記事