Corsairからハードチューブを使う本格水冷キットが登場

公開日:2020/10/5

 2020年10月2日、リンクスインターナショナルはCorsair Componentsの本格水冷キット「XH303i RGB」と「XH305i RGB」を発表した。9月下旬より発売済みで、実勢価格は税込みでそれぞれ6万3000円と7万2000円。

 XH303i RGBとXH305i RGBは自分で組み立てる本格水冷CPUクーラーのキット。両モデルの違いはリザーバータンク・ポンプと付属ファンだ。特徴は、各パーツをつなぐチューブにハードタイプを採用していること。ハードタイプは曲げる際にヒートガン(別売)などで熱する必要があるため、ソフトタイプよりも難易度が高めだ。チューブの加工に必要な器具がほぼそろうのは初挑戦する人にとっては安心だろう。

 両モデル共通の内容として、CPUヘッドに「XC7 RGB」、ラジエーターに360mmクラスの「XR5 360」、クーラントに「XL5 Clear」、チューブに外径14mmのクリアタイプ「XT Hardline 10/14mm」が3m分、フィッテイング×8、90度アダプター×2、チューブの折り曲げキット、「iCUE Commander PRO」、「RGB Fan LED Hub」などが含まれる。

 XH303i RGBはリザーバータンク・ポンプが小型の「XD3」、ファンは「SP 120 RGB PRO 」が3個。XH305i RGBはリザーバータンク・ポンプがタワー型の「XD5」、ファンは「QL 120 RGB」が3個付属する。

 同社は同時に単体のハードチューブ「Hydro X Series XT Hardline」も発売している。外径が12mmと14mm、それぞれにクリアとブラックがあり、合計4種類。1パッケージは1m×3で、実勢価格はそれぞれ税込みで約2700円。

 

 


出典:
CORSAIR、DIY水冷に必要なパーツを1つのキットにした「XH303i RGB」「XH305i RGB」ほか、ハードチューブも同時発売

Reported by 宮川泰明(SPOOL)

 

ドスパラサイトで水冷クーラーをチェック!

その他新着情報はこちら!

ドスパラの○○ 新着記事