AMDが「Zen 3」採用の「Ryzen 5000」シリーズを発表、「Ryzen 3000」シリーズと同じマザーボードで利用可能

公開日:2020/10/9

 Ryzen 5000シリーズは「Zen 3」アーキテクチャーを採用したCPU。「Zen 2」を採用した前シリーズのRyzen 3000シリーズからコア数の引き上げはなく、最大で16コア/32スレッドとなっている。Zen 3はZen 2から「CCX(Core Complex)」の構成を変更したことが最大のアップデートだ。CPUソケットは引き続きSocket AM4で、チップセットは既存の「AMD 500」シリーズに対応。ユーザーはBIOS(UEFI)のアップデートで利用できる。

 

AMD 新製品発表会の動画はこちら

 

 今回発表されたラインアップは16コア/32スレッドのRyzen 9 5950X、12コア/24スレッドのRyzen 9 5900X、8コア/16スレッドのRyzen 7 5800X、6コア/12スレッドのRyzen 5 5600Xの4モデル。価格はそれぞれ799米ドル、549米ドル、449米ドル、299米ドルだ。発売日はいずれも11月5日。ただし、地域差は設けていないものの「expected availability(発売予定日)」とされているため、多少のずれは発生する可能性がある。

AMD RYZEN 9 5950X

 AMD RYZEN 5950X 5850X 5600X

 CCXはRyzenシリーズの特徴的なデザインで、複数のCPUコアを1つにまとめ、キャッシュ等の機能を共有する仕組み。Zen 2では4個のコアがCCXを構成し、CCXを2個内蔵した8コアの「CCD(Core Comlex Die)」というチップがCPUのベースになっていた。16コアの場合はCCXが4個、CCDが2個という具合だ。

 Zen 3では、CCXに含まれるコアが8個になった。これにより、キャッシュの利用効率が向上したという。Zen 2ではCCXあたり16MB、CCDあたり32MBのL3キャッシュを備えていた。L3キャッシュはCCXごとに管理するため、各コアがアクセスできるのは16MBだ。一方、Zen 3では8コアで32MBという容量は変わらないが、全てのコアが32MBのL3キャッシュにアクセスできるようになる。発表会で解説したMark Papermaster氏は、「特にゲームを動作させる際に効果がある」と語った。

 こうした変更や動作クロックの引き上げなどにより、IPC(Instructions Per Cycle)はZen 2から19%向上したという。

 AMD RYZEN ZEN3 CORE ARCHITECTURE

 Robert Hallock氏は、ゲームプレイでの優位性を紹介した。CPU以外を同じ構成にしたPCで複数のゲームをテストし、Ryzen 9 3900XTとRyzen 9 5900Xを比較したところ、Ryzen 9 5900Xの方が平均で26%高いパフォーマンスを得られたという。

26% FASTER GAMING ON AVERAGE

 最後に、「Radeon RX 6000」シリーズも簡単に紹介された。これは10月28日に改めて発表があるようだ。


 

 

出典:

Ryzen 5000シリーズ|日本語サイト

AMDのプレスリリース|英語サイト

新製品発表会の動画はこちら|YouTube

  

Reported by 宮川泰明(SPOOL)

 

ドスパラサイトでAMD CPUをチェック!

その他新着情報はこちら!


ドスパラの○○ 新着記事

ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介