Intelがデスクトップ版の第11世代Coreシリーズを発表、2021年第1四半期に発売予定

公開日:2020/10/30

 2020年10月29日、Intelは第11世代Coreシリーズの概要を公開した。主なトピックは、IPC(クロックあたりの性能)の向上とPCI Express 4.0へ対応した点だ。発売時期は2021年第1四半期。

Intel's 11th Gen Processor (Rocket Lake-S) Architecture Detailed

 第11世代Coreシリーズは「Rocket Lake」という開発コード名で、「Cypress Cove」アーキテクチャーを採用したCPU。CPU部分は「Ice Lake」、GPU部分は「Tiger Lake」を継承している。IPCが第10世代Coreシリーズよりも10%以上向上しており、クロックあたりの性能が引き上げられているという。ゲームやアプリでは高い動作クロックも重要だとしており、直接の言及はないものの動作クロックの引き上げも期待される。

 一方、コア数とスレッド数は最大8コア/16スレッドとなっており、最大数は第10世代の最大10コア/20スレッドより少なくなっている。後でラインアップが追加される可能性はあるものの、あえてコア数を減らす判断をしたことは興味深い。

 内蔵グラフィック機能は「Xe(エックスイー)」が採用される。これはモバイル向けの第11世代Coreシリーズで採用されたアーキテクチャーで、第9世代の内蔵グラフィック機能と比較して性能が50%向上するとしている。対応するHDMIのバージョンが4K/60fpsに対応する2.0bになっていることもポイントだ。

 PCI Expressはバージョン4.0に対応し、レーン数が従来の16から20に増えた。CPUのPCI Expressは主にグラフィックボードで使用されるため、これまでSSDはチップセットに接続していた。その分他の機能で使えるレーン数が減ってしまい、マザーボードの排他仕様の機能が増える原因になっていたが、SSDをCPUにつなぐようになればある程度解消できる。

 そのほか、資料ではメモリーが最大DDR4 3200に対応すること、USB 3.2 Gen 2 x2を搭載すること、オーバークロック可能であることなどが紹介されている。

 チップセットは新しく「Intel 500」シリーズが用意される。対応するCPUソケットについては触れられていないため現行のLGA1200のマザーボードで利用できるかは不明だが、動作してもUSBやPCI Express 4.0、HDMI 2.0など使えない新機能が多いため、マザーボードを流用するメリットは薄い。

 

出典:

Intel’s 11th Gen Processor (Rocket Lake-S) Architecture Detailed | Intel Newsroom

Reported by 宮川泰明(SPOOL)
Intel CPU 人気ランキングはこちら
ドスパラサイトでIntel CPUをチェック!

その他新着情報はこちら!


ドスパラの○○ 新着記事

ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介