ゲーミングPCのデスクトップ/ノートパソコン人気売れ筋ランキング (2020/1/9~2020/1/15)

水冷用リザーバータンク一体型のPCケース「DistroCase 350P」がThermaltakeから登場

公開日:2020/12/09

 2020年12月3日、アスクはThermaltake TechnologyのオープンフレームタイプのPCケース「DistroCase 350P」を発表した。発売日は12月11日。予想価格は税込みで約7万7000円。

 DistroCase 350Pは前面、上面、背面、底面のパネルがない、オープンフレームタイプのPCケース。マザーボードはATXに対応する。水冷クーラーの利用が前提で、側面パネルがプレート状のリザーバータンクになっているのが特徴だ。標準でポンプも搭載している。

 

 

 「Dismantlable Modular Design」と呼ぶ、構成パーツを細かく分解できる機構を備えている。マザーボードを固定するベースや電源ユニットの固定部、ラジエーター用のマウンターなどほとんどのパーツが取り外し可能だ。グラフィックボードを立てて取り付けるためのマウンターが付属し(延長ケーブルは別売)、合わせて拡張スロットのブラケット部を90度回転させることもできる。

 ラジエーターは前面に120/140/240/280/360mm、マザーボードベースの隣に120/240/360mmを1個ずつ搭載可能だ。拡張ボードは長さ320mmまで、CPUクーラーは高さ130mmまで、電源ユニットは長さ200mmまで対応する。ドライブベイは3.5インチ×2または2.5インチ×4、2.5インチ×2。前面端子はUSB 3.0×2、USB 2.0×2、ヘッドホン端子、マイク端子。

 48個のアドレサブルRGB LEDを搭載しており、同社の「 TT RGB PLUS」で発光パターンを設定できるほか、ASUSTeK Computer、GIGABYTE TECHNOLOGY、MSI、ASRockのマザーボードが備えるRGB LEDコントロールソフトにも対応している。

 外形寸法は幅333×奥行き567×高さ490mm。重量は17.78kg。本体カラーはブラックのみ。

 

組み立てから完成までのイメージは下記の動画をご参考ください。

製品概要

製品名 DistroCase 350P
ケースタイプ オープンフレーム
材質 SPCC、PMMA
対応マザーボード ATX、microATX、Mini-ITX
対応電源 ATX(最大200mm)
対応グラフィックボード 最大320mm
対応CPUクーラー 全高130mm
拡張スロット 6
ドライブベイ 3.5インチ×2または2.5インチ×4
2.5インチ×2(電源カバー部)
搭載可能ラジエータ 側面:360/280mm
マザーボードベース部:360/240mm
I/Oポート USB 3.0×2、USB 2.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1
外形寸法 333(W)×567(H)×490(D) mm
重量 17.78kg
カラー ブラック
型番 CA-1Q8-00M1WN-00
JANコード 4713227524629
アスクコード CS7985
発売時期 2020年 12月11日

※ 記載された製品名、社名等は各社の商標または登録商標です。
※ 仕様、外観など改良のため、予告なく変更する場合があります。
※ 製品に付属・対応する各種ソフトウェアがある場合、予告なく提供を終了することがあります。提供が終了された各種ソフトウェアについての問い合わせにはお応えできない場合がありますので予めご了承ください。

 

出典:

プレートタイプの大型リザーバータンクが一体化したオープンフレーム型PCケース、Thermaltake社製「DistroCase 350P」を発表 | 株式会社アスク

 

Reported by 宮川泰明(SPOOL)

ドスパラサイトでPCケースをチェック!

その他関連記事はこちら!


その他新着情報はこちら!


ドスパラの○○ 新着記事

ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介