ゲーミングPCのデスクトップ/ノートパソコン人気売れ筋ランキング (2020/1/9~2020/1/15)

トランセンドからPCI Express 4.0対応の高耐久SSD「MTE240S」が登場、最大3.8GB/s

公開日:2021/3/10

 2021年3月8日、トランセンドジャパンはPCI Express 4.0に対応したM.2 SSD「MTE240S」を発表した。ラインナップは500GBと1TBの2種類。同日より発売しており、実勢価格はそれぞれ税込みで1万1000円と1万8000円。

 MTE240SはM.2 2280サイズのSSD。PCI Express 4.0 x4接続でNVMeに対応する。3D NANDフラッシュメモリーを採用しているが、MLC、TLC等の種類は非公開だ。最大読み込み速度は両モデル共に3.8GB/s。最大書き込み速度は500GBモデルが2.8GB/s、1TBモデルが3.2GB/sとなっている。

 表面にシート状のグラフェンヒートシンクを搭載し、効率よく冷却できるという。加えて強力なエラー訂正機能とダイナミック・サーマルスロットリングにより安定して動作するとしている。

 耐久性の高さも特徴で、書き換え寿命の目安となるTBW(Total Bytes Written)は500GBモデルで850TB、1TBモデルで1700TBと非常に高い。メーカー保証期間は5年。独自ソフトの「Scope」でドライブのクローニングや寿命の測定ができる。

 

■仕様

外観
サイズ 両面実装: 80 mm x 22 mm x 3.58 mm (3.15" x 0.87" x 0.14")
重量 10 g (0.35 oz)
M.2規格

2280-D2-M (両面実装)

 

インターフェース

バスインターフェース

NVMe PCIe Gen4 x4

 

ストレージ

フラッシュ種類

3D NANDフラッシュ

容量

500 GB / 1 TB

 

動作環境

動作環境温度 0°C (32°F) ~ 70°C (158°F)
動作電圧

3.3V±5%

 

データ転送スピード

シーケンシャルリード/ライト (CrystalDiskMark)

1 TB 最大 3,800/3,200 MB/s

500 GB 最大 3,800/2,800 MB/s

4Kランダムリード/ライト(IOmeter)

1 TB 最大 370,000/560,000 IOPS

500 GB 最大 190,000/540,000 IOPS

TBW [総書込み容量]

1 TB 1,700 TBW

500 GB 850 TBW

DWPD [1日あたりのドライブ書込み数] 0.95 (5 年)
注記
  • 転送速度はホストのハードウェア、ソフトウェア、使用方法、ストレージ容量等によって異なる場合があります。
  • DWPDの算出に使用される条件は実際の使用環境とは異なる場合があり、ホストのハードウェア、ソフトウェア、使用状況、ストレージ容量によって異なることがあります。
  • PCIe x2コネクタのM.2スロットしか搭載されていないM/Bではパフォーマンスを最大限発揮できません。

 

保証

認証

CE / FCC / BSMI / KC / RCM

保証

5年保証

保証規定
  • 保証規定についてはこちら(メーカーサイト)でご確認ください。
  • トランセンドのSSD Scopeソフトウェアにて寿命インジケータが0%となっている場合は保証の対象外となります。

 

システム要件

オペレーティング・システム(OS)
  • Microsoft Windows 7 (要ドライバ)
  • Microsoft Windows 8 (要ドライバ)
  • Microsoft Windows 10
  • Linux Kernel 2.6.31以降
注記 PCIe M.2 SSDを使用するにはシステムがMキーのM.2コネクタを備えている必要があります。Bキーのコネクタには対応していないので、不適切な取付けを行うと、システムやSSDが故障する恐れがあります。詳細はこちらをクリックください。

 

技術

S.M.A.R.T.
ガベージ・コレクション
RAIDエンジン
LDPC符号
DRAMキャッシュ

 

出典:

PCIe SSD 240S | PCIe M.2 SSD - トランセンド|メモリ製品のスペシャリスト

 

Reported by 宮川泰明(SPOOL)

SSD 人気ランキングはこちら

ドスパラサイトでSSDをチェック!


その他新着情報はこちら!


ドスパラの○○ 新着記事

ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介