ゲーミングPCのデスクトップ/ノートパソコン人気売れ筋ランキング (2020/1/9~2020/1/15)

「GeForce RTX 30」シリーズにマイニング性能を落とした「LHR」モデルが追加、「よりゲーマーに届くように」

公開日:2021/5/20

 2021年5月18日、NVIDIAは公式ブログを更新し、「GeForce RTX 3080」「同RTX 3070」「同RTX 3060 Ti」にマイニング性能を落とした「Lite Hash Rate(LHR)」モデルを追加すると発表した。よりゲーマーの手に届くようにという配慮だという。

A Further Step to Getting GeForce Cards into the Hands of Gamers

 現在「GeForce RTX 30」シリーズは品薄でなかなか購入できない状況が続いている。その理由の1つがマイニングだ。マイニングとは、仮想通貨のネットワークを維持するために必要な計算をすることで、報酬としてその仮想通貨を得るという行為のこと。この計算はGPUが得意な分野のため、マイニングのためにグラフィックボードを購入する人は多い。そのため、「本来ゲーミングのために作られた」とするグラフィックボードがゲーマーにとって手に入りにくいものになってしまった。

 そこで、NVIDIAは2021年2月に発売した「GeForce RTX 3060」にデバイスドライバーによってマイニング性能を制限するという機能を盛り込んだ。今回の発表により、今後は既存のGPUも同様に制限を加えるということだ。制限されるのはGeForce RTX 3060と同じで「イーサリアム」という仮想通貨のマイニング性能となる。

 ただし、これは今後生産されるGeForce RTX 3080、同RTX 3070、同RTX 3060 Tiを搭載したグラフィックボードが対象。既に流通している製品は対象外となり、影響を受けない。対象のボードはLite Hash RateまたはLHRとラベリングされ、区別される。デバイスドライバーが両者を判別し、Lite Hash Rateモデルの場合はマイニング性能を制限するという形だ。

 この措置により、入手性が改善されることを期待したい。

 

出典:

A Further Step to Getting GeForce Cards into the Hands of Gamers | The Official NVIDIA Blog

 

Reported by 宮川泰明(SPOOL)


グラフィックボード関連リンク

自分のパソコンのグラフィックボードはどうなっているの?そんな方必見、グラフィックボードの確認方法を詳しくご紹介します。


グラフィックボード・ビデオカードの性能をGeForceシリーズ、Radeonシリーズ、内蔵GPU別にグラフでわかりやすく掲載した性能比較ページです。


グラフィックボード人気ランキングはこちらでチェック!


ドスパラサイトでGeForce 3000シリーズをチェック!


ドスパラの○○ 新着記事