eスポーツ関連の情報や話題をお届けする【eスポーツFIELD】

catch-img

MSIからハイエンドゲーミングマザー「MEG X570 UNIFY」が登場

 2019年10月4日、MSIは第3世代Ryzenに対応したハイエンドゲーミングマザーボード「MEG X570 UNIFY」を発表した。国内の販売予定や価格は未発表。

・MEG X570 UNIFYの製品ページ
https://www.msi.com/Motherboard/MEG-X570-UNIFY

 MEG X570 UNIFYはチップセットにAMDの「X570」を採用したATXマザーボードだ。CPUソケットはSocket AM4。機能性を重視し、LEDの装飾はあえて廃止したという。ネットワーク通信を最適化してゲームの遅延を低減する「GAMING LAN MANAGER」、ボイスチャットで相手が話している時にゲーム側の音量を自動で落として聞き取りやすくする「VOICE BOOST」といったゲーム向けの機能を搭載した。

 ネットワーク機能が充実しており、有線LANは2.5Gbps対応のコントローラー「RTL8125」(Realtek)を採用。無線LANはWi-Fi 6に対応し、2ストリームで最大2.4Gbpsの通信に対応する。有線、無線ともに最新の規格で高速な通信が可能だ。

 メモリーは最大でDDR4-4600に対応し、スロットは4本。最大容量は128GB。拡張スロットはPCI Express 4.0 x16×3(x16/-/x4、x8/x8/x4)、PCI Express 4.0 x1×2。ストレージ用端子はSerial ATA×4、M.2×3(PCI Express 4.0 x4)。3ヶ所全てのM.2スロットにヒートシンクを備えている。USB端子はUSB 3.2 Gen 2 Type-C×2(うち1個はピンヘッダー)、同Type-A×3、USB 3.1 Gen 1×6(うち4個はピンヘッダー)、USB 2.0×6(うち4個はピンヘッダー)。

 I/OパネルにはCMOSクリアとBIOS更新ボタンを備えている。マザーボードに固定済みなので、組み立ての際にPCケースに取り付ける必要はない。


・ゲーミングPCならドスパラ!

宮川泰明(SPOOL)
宮川泰明(SPOOL)
・SPOOL (http://spool-corp.jp/)

    eスポーツFIELD 新着記事