JR秋葉原駅

HIKKYが秋葉原を元にしたバーチャル空間「Virtual AKIBA World」を発表

公開日:2022/3/9

 2022年3月8日、HIKKYは東京、秋葉原駅周辺をバーチャル空間に再現した「Virtual AKIBA World」を発表した。同社の「Vket Cloud」技術を利用しており、専用アプリではなくWebブラウザーからアクセスできるという。3月25日にオープン予定だ。

Virtual AKIBA World / バーチャル アキバ ワールド(オープンまではティザーサイトが閲覧できる)

 Virtual AKIBA WorldはVR空間に秋葉原駅とその周辺を再現したコンテンツ。同社は東日本旅客鉄道(JR東日本)、ジェイアール東日本企画(jeki)と業務提携を行っており、JR東日本の掲げる「Beyond Stations構想」の一環として制作されたものだ。

 アクセスしたユーザーは駅周辺を散策する、電車に乗るといった体験ができるという。ユーザー間でコミュニケーションを取る方法も用意されており、専用アプリを使わずにWebブラウザーから気軽にアクセスできる点が売りだ。

Virtual AKIBA World シン・秋葉原駅

 東宝、カラー、円谷プロ、東映の共同プロジェクト「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」とコラボし、3月25日から31日はVirtual AKIBA World内で各社の作品に登場するヒーローがユーザーを出迎える。またコラボ中は駅の名称を「シン・秋葉原駅」にするという。

Virtual AKIBA World

 そのほか、ユーザー同士のコミュニケーションスペースとして「オフ会ルーム」を用意。テーマを設定したルームを作成し、共通の話題で盛り上がれるという。

 今後は様々な企業と提携し、リアル空間とバーチャル空間を融合させたビジネスを展開していくとしている。

 

出典:

世界初の「メタバース・ステーション」“Virtual AKIBA World”がオープン!|株式会社HIKKYのプレスリリース

Reported by 宮川泰明(SPOOL)


 

ドスパラサイトでVR機器をチェック!


その他新着情報はこちら!


VRパラダイス 新着記事

ドスパラのお役立ちコンテンツをまとめてご紹介